2010年11月09日

vol.10 what'sジカ[直]リグ?


2010年12月号のBasser(釣り人社)で公開した「ジカリグ」。既にもうご存知の方も多いと思いますが、漢字で書くと「直リグ」。そのネーミングは究極のショートダウンショットのイメージで、ラインをそのままフックのラインアイ付近に「直」接結ぶ事から、命名しました。
j2.jpg

そもそも、このジカリグは私がメーカーの撮影で2009年4月に韓国に行った時に、現地のスタッフに教えてもらったもので、韓国ではかなりベーシックに使われているとの事(韓国での呼び名はエビリグ)。韓国のバス釣り人口で大多数を占める岸釣りでは、テキサスリグよりも使用頻度が高い時も多いらしく、現地のショップでもリグがセットされた状態で販売されておりました。そして帰国早々、フィールドで試してみると、かなり良い手応えを持ち、フィーリング的にも非常に素晴らしいリグでした。但、このリグが持つコンセプトを明確にすれば、まだまだ沢山の改良の余地があったので、その旨潟Iーナーばりに相談したのが全ての始まりだったのです。そしてオーナーばり本社の営業企画会議で開発のOKが出て、早速テストを開始したのが2009年6月。そこから日本全国でのフィールドテストが始まります。その営業企画会議からBasser紙面での公開まで、実に1年と5カ月。そのスタート時点で、フックからシンカーに至るまで、全てオリジナルにこだわったデザインをする方向性で動き始めたので、それぐらいの開発期間がかかったのは仕方ありません。特にフィールドテストで重要視したのは、岸釣りからの使用感。琵琶湖でのボートからのテストは、普段のフィールドワークの中で十分にこなす事ができる分、あえて他のフィールドや岸釣りでのテストにかなりの時間を割きました。
j1.jpg

形状的にはテキサスリグとは、全く異なっており、簡単に言うとショートダウンショットの下糸部分を無くした態様。それ故、テキサスリグでは中々出せないワームのアクションが出るのです。さらにフォール姿勢では、シンカーが先にフォールし、その後を追うようにワームとラインが一直線になるので、カバーの中でのすりぬけが非常に素晴らしく、通常のテキサスリグ使用時比の30〜50%ぐらいのウエイトで同じ使用感を得る事ができました。これはGETNET−TV内の水中映像でも観る事ができると思いますが、普段のヘビテキでは21gのシンカーを使用していたのが、ジカリグでは10〜14gでカナダ藻ドームの天井をブチ破っており、少しポケット状になったところでは、それ以下のウエイトでも釣る事が可能でした。今回のGETNET−TV、No2では琵琶湖のカナダ藻でのジカリグを紹介させて頂きましたが、ヘビテキで獲れにくい魚を見事バイト!させる事ができるなど、本当に良く釣れました。
j3.jpg
 
しかし、このジカリグの凄いところは、実はオカッパリやリザーバー等のディープでの釣りで本領を発揮するのでは?との可能性を感じておりました。そんな期待を持って、北は八郎潟から西は熊本まで色々なフィールドでテストしてきた1年と5カ月間。次は、そんな日本全国でのテストで得たジカリグの開発秘話を紹介したいと思います。次号を御期待くださいね!
(杉戸繁伸船長)



sugito.jpg
posted by 船長 at 21:52| 琵琶湖の船長